2020 a challenge season from TOYOMA

previous arrow
next arrow
Slider

モスペリオ東北BSについて

モスペリオ東北BSは、2018年、宮城県登米市をホームに発足しました。競技力を高め、ビーチサッカーによる革新的な挑戦で地元を盛り上げていこうというビジョンを持つチームです。

2020年シーズンより、チームカラーをとよまに所縁の深い「海老茶」に一新しました。
この地域からのスポーツを通した発信に、より高い意識をもって臨みます。

2019年7月には、ホームビーチサッカーコートが、地域および関係者の皆さまに尽力いただき完成しました。登米市から近くの海まで車で1時間ほどかかるため、町中にビーチサッカーコートがあることは競技の認知とこの地域の発展につながります。

ビーチサッカーが浸透していない東北地域において、チームづくりとして「一から組織を形成していく」ことは難しいことでもありますが、魅力があります。いつの日かモスペリオが全国で通用するチームとして成長するには、まだ時間がかかります。新たな選手も発掘・育成していかなければなりません。チーム力の向上およびビーチサッカー人口増加のためにも雇用を含めた選手の環境づくりにも向き合っています。また各育成年代にも下部チームやスクールを開講し、地域の選手育成にも力を入れています。

近い将来トップリーグが創設された際に、東北からはモスペリオの名が挙がるよう、勝っても負けても愛されるチームを目指し、一人でも多くの方にビーチサッカーと出会えて良かったと思っていただけるよう、地域と共に日々成長していきます。

ホームコートについて

2019年7月に地域のみなさまのご協力により、登米町の登米総合支所近くにホームコートであるサンドコートモスペリオが完成しました。

ビーチサッカーの公式戦が開催できる大きさにはやや足りませんが、ジュニアユースの試合を行なうことは可能な20m×30mの砂のコートです。

チーム活動のほかにビーチサッカースクールやイベントマッチの開催、また、今後は競技種目に関わらず体幹強化のトレーニングへの利用、キッズやシニアが広い砂場でのびのびと体力づくりをできる身近な場所として生かしていきたいと考えています。

モスペリオビーチサッカースクール

こどもたちが安心して遊び、運動能力を高める環境を提供したいと思い、スクールを開設しました。

海が遠い地域でも非日常体験として砂の感触をたのしむことはもちろん、砂の上で遊ぶことと運動からさまざまなことを学び、どんな事にも挑戦する人になっていくための一助になりたいと考えています。サッカーの世界のみならず、社会で活躍できる人材を育成していくことを目標にしています。

スクールの柱になる3つの指導理念は、◎自主性、◎課題解決能力、◎基礎運動能力、の獲得です。

2020年1月にプレ期間として小学生以上を対象に原則毎週火曜日16:00 – 17:30で開催し、今後は未就学児・一般・女性・シニアのスクールも準備中です。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

連絡先電話番号:090-5239-7796
msp_oaks_school★docomo.ne.jp  (担当 浦田) 注)★を@に読み替えてください。

※2020年6月23日から火曜日・木曜日で本オープンいたします。詳細お問い合わせください!

koide_logo