一緒に戦うオークス戦士募集しています!!

共に強く大きな木に!!大きな夢をその一歩から!!

FCオークスとは・・・

登米市登米町を拠点に中学生世代のサッカークラブチームとして発足したFC OAKS【オークス】は、現在モスペリオ東北BSの下部組織として活動を続けています。

名称の由来は樫木という英単語と大きな楠木という2つの木をルーツとしています。この2つの木は神社仏閣や船などの建材として使用されます。その意味を込め、選手にも県北を、宮城を支えることのできる選手になってほしいという想いが込められています。

コーチスタッフとして、FAライセンスを取得し、指導にプライドを持つ者が選手達をバックアップします。登米地域においてキッズからの一貫指導により、サッカー及び競技全般の技術の向上、そして個性豊かなプレーヤーを育て、強いチームを創り上げます。しかし、ただ強いチームを創るだけではなく、スポーツへの正しい理解を深め健全な心身の育成を図り地域のスポーツ振興に寄与することとサッカーという競技だけでなく、サッカー通して人づくりを目指し、変化や課題に主体的に取り組む姿勢を育成することをねらいとしていきます。

☆指導理念☆

①力強い動きやハイプレッシャーの中でのスキル(テクニックとインテリジェンス)の獲得
②サッカー理解(プレーの原則)と関わり(共有)をベースに選手個々の特性を生かしたチーム作り
③on the pich・off the pichにおいても、変化や課題を自己解決する主体的な姿勢を確立させ、選手として自立する